学び方幼児3〜6歳

音慣れ・口慣れ期

3〜6歳のお子さんは、英語や日本語の区別なく、音を聞き再現する「柔軟な力」があります。

小さなうちから英語を学ばせるメリットは、「英語を特別ではない身近な存在にできる」ことです。そのためには「英語の仕組みを理解する」「書けるようになる」のではなく、「英語の音に慣れる」「発音する口に慣れる」ことが重要になります。

幼児にとっての「ジュニア入門コース1〜2」

入門コースは、英語の基礎となるbe動詞と一般動詞に慣れるためのカリキュラムで、お子さんの英語の大切な土台を作ることができます。意味がわからなくてもイラストで状況を理解して、ゲームをクリアする感覚で進められるので、楽しみながら「英語の音」や「発音する口」に慣れることができます。

お子さんが楽しく英語を続けられるような工夫をしてみましょう。

1学ぶタイミングと回数、時間を決めてあげましょう。

3〜6歳児には、習慣づけが大切です。「月曜日から金曜日、ごはんの前に5分やろうね」と学ぶタイミング、時間、回数を決めて、その時間になったら、親御さんが促してあげましょう。

2今日学ぶ目標を伝えましょう。

入門コース1は、82のUNITで構成され、UNIT1なら「自己紹介をしよう」、UNIT2には「名前を伝えよう」などと目標が書かれています。まず、その目標を声で伝えてあげましょう。目標がはっきりすると、お子さんもやる気がでます。

3最初は、録音だけしましょう。

小さなお子さんは、自分の声を聞くのが大好きです。最初は録音機能をうまく活用し、興味をもたせながら、進めてみてください。すぐにアルファベットを書かせて覚えさせるよりも、耳を慣らす、口を慣らすことを優先させましょう。

4アルファベットに興味をもったら、入門コース2へ。

入門1〜2のUNIT数は175。親御さんはどんどん先に進んでほしくなりますが、絵本と同じで、お子さんは好きなものは何度も繰り返します。その中でもイントネーションや単語のグルーピングなどを学んでいるので、この繰り返しは見守ってあげてください。アルファベットに興味がでてきたら、入門2のUNIT1〜7に進みましょう。アルファベットのフォニックス(文字と音の関係のルール)を通し、正しい読み方が学べます。

5記録をつけて、学習を「見える化」しましょう。

お子さん用のノートを作ってください。A6以下の小型がおすすめです。1回学んだら、日付とUNIT番号を書き、シールを貼ってあげましょう。1ページに1つシールが貯まるようにした方が、お子さんはやる気が出ます。10回目には大きなシールにするなど、きまりを作るのも効果的です。

6キャラクターが気に入ったら、「なるほど!エージェント」へ。

好きなキャラクターもやる気のもとです。お気に入りができたら、ぜひ無料学びサイト「なるほど!エージェント」へ。詳しいキャラクター紹介や動画もたくさん揃っています。またアルファベットや色を覚えるゲーム、アルファベットカードなど、様々なコンテンツが用意されていますので、ご活用ください。

「なるほど!エージェント - 英語」へ