学び方中学生

基礎文法マスター期

基礎文法をしっかり使いこなすことができれば、英語を話すことも書くこともでき、世界中の人とコミュニケーションを取れるようになります。ただ日本では、英語の最も大切な基礎文法を中学1〜3年の間に駆け足で学ぶため、そのスピードについていけない方がたくさんいます。

基礎文法は「計算法」と同じです。三人称単数でつまずいているのに、現在完了を勉強しても、学びが積み重なっていくことはありません。足し算の次は引き算、そして九九の掛け算と計算を順序よく学ぶように、英語もステップを踏んで学ぶこと、そしてわからなければ前にもどって学ぶことが大切です。

中学生にとっての「基本文法コース1〜3」

基本コース1〜3のカリキュラムは、中学の学習指導要領に準じています。それぞれ113〜116のUNITで構成され、中学1〜3年に対応しているので、授業に沿って学ぶ副教材としても最適です。1UNITは約8分なので、自分のレベルやペースに合せて学べ、文法と同時に発音も身についていきます。理解できていないなと感じたら、潔くつまずいたUNITをやり直してみることは、自信とやる気と実力を手に入れるために、とても有効です。各UNITの右上の+マークで、文法解説をまとめて読んだり、大切なUNITをクリップしたり、使い方を呼び出したりできます。

手ごたえを感じながら英語を続けられるような工夫をしましょう。

1授業に合わせて、続けていけるペースを作りましょう。

基本1〜3は、それぞれ中1〜3の学校授業にほぼ連動していて、113〜116のUNITで構成されています。英語の授業は、年間で120日程度。英語の授業があった日は、最低1UNITやると決めて学んでいくとスムーズに進めることができます。もちろん、予習や苦手なところの復習に使うと、さらに身につきます。

2英作文で、自分のレベルを知っておきましょう。

中学1〜3年の文法をどこまで理解できているか?これは、各UNITのステップ4=英作文する(右端のグレーボタン)で自己診断ができます。例えば中学2年で「未来形をやっているけど、理解できた」と感じたら、基本2のUNIT29「未来形・否定文1」のステップ4をやってみましょう。日本語ナレーションを聞いてさっと英作文することができたら、その文法はわかっているということです。もしできなければ、その前のUNITも復習してみましょう。わからないまま進めるより、潔くもどる方が、早く英語の基礎を固めることができます。

3ノートには、文法用語ではなく、英文を書きましょう。

ノートを使って学びの「見える化」をすることは大切ですが、「過去形ってどんなもの?」「現在完了形って何?」という説明を日本語で書いても、英語を学ぶためにはあまり意味がありません。カラオケEnglishのノートには、ステップ4で声に出した英作文を実際に文字にしたり、動詞の活用を手に覚えさせるなど、意識して「英語だけ」を書くようにしましょう。

4時制は、時々まとめて繰り返して復習しましょう。

中学文法の骨格を作るのは、時制です。くるくる使いこなせるようになれば、日常会話ができるようになります。新しい時制を学ぶたび、基本3のUNIT29、30の「時制による動詞変化」を何度もやってください。時制の全体像がつかめます。また時々UNITS(UNIT一覧)右上の検索窓に「過去形」「未来形」などと打ち込んで、時制に関するUNITを探し、集中して復習してみましょう。

5「誰が、(いつ)どうする」。いつもSVを意識しましょう。

英語と日本語が決定的に違うところは、S(主語)が必ず文の頭にくること、次に「いつ」のことかを明確にするV(動詞)が続くことです。中学では英語の5文型(SV、SVO、SVOCなど)を習いますが、「声を出して話す」という段階になると一番大事なSVを忘れがちです。「誰が、(いつ)どうする」という基本のSVをいつも意識して声を出していきましょう。正しく声を出す習慣がついてこそ、話せる英語、受験に役立つ英語、そして将来、使える英語を身につけることができます。

6ステップ3と4で、英文を「書く」練習をしましょう。

UNITの学び方は、基本は声を出すことですが、何回か学んだら、2つの「書く」練習もしましょう。ステップ3では、録音する代わりにお手本の声を英文に書き取る「ディクテーション」です。ステップ4では、英語に書き起こす「英作文」をします。正確な単語の綴りか、文法にかなった文章か、はっきり確認でき、4技能の中の「書く」力をつけることができます。

7ステップ2では「シャドーイング」をしてみましょう。

ステップ2は、お手本のマネをして声を出します。何回かやるなら、英文ではなく、絵だけを見るようにして、お手本の英語に自分の声を重ねる「シャドーイング」をしてみましょう。英語を読まずに発声に集中することで、英語のリズムやイントネーションを叩き込むことができます。