基本文法コース「学び方」高校生

4技能対策期

高校で習う英語は、中学で習った英語の発展形であるため、中学文法の基礎が備わっていることが前提となります。

高校でも1年の夏までは、中学文法の復習をしてくれますが、その後は応用となるため、夏までにきっちりキャッチアップできたかどうかが大きな分かれ目になりかねません。また、この3年間は4技能の実力に大きな差がついてしまう時期です。普段から「聞く」「話す」を意識した学び方を身につけることが重要です。

高校生にとっての「基本文法コース」

中学の学習指導要領に準じた基本文法コースは、高校の英語を学ぶための文法の基礎固めにおすすめです。全部で375あるUNITの中で、特に「ステップ3=録音する (ピンクボタン)」「ステップ4=英訳する (グレーボタン)」を中心に毎日鍛えていくと、大学受験に求められる4技能のうち「聞く」「話す」「書く」力がアップしていきます。この時期に正しい発音を体に覚えこませることは、大きな自信につながります。
また、各UNITの画面右上にある「+」ボタンから、文法解説をまとめて読んだり、繰り返し学びたいUNITをクリップしておくこともできます。

手ごたえを感じながら英語を続けられるような工夫をしましょう。

1まずは英訳して、自分のレベルを把握しよう。

中学3年間の文法をどこまで理解できているか?これは、各UNITの右端にあるステップ4=英訳する(グレーボタン)で自己診断ができます。例えば、中学2年で「未来形をやっているけど、理解できた」と感じたら、基本2のUNIT29「未来形・否定文1」のステップ4をやってみましょう。日本語の音声を聞き、サッと英訳して録音できたら、その文法はわかっているということです。もしできなければ、その前のUNITも復習してみましょう。わからないまま進めるより、早く英語の基礎を固めることができます。

2検索を活用して、いろいろな時制を経験しよう。

高校で、未来進行形、過去完了形、未来完了形などを習います。でも、日常で最も使う「過去形、現在形、未来形、過去進行形、現在進行形、現在完了形」はすべて中学で学んでいます。これらの時制をパッと使い分けられれば、英語を話せる、中学文法をマスターしていることになります。一つ時制を学ぶたびに、基本3UNIT29・30の「時制による動詞変化」を何度もやってください。時制の全体像がつかめます。また、時々マイページの検索ボタンから「過去形」「未来形」などと検索して、時制に関するUNITだけを集中的に復習してみましょう。

3関係代名詞は、何度も繰り返して身につけよう。

中学文法の最大の難関は、中3で習う関係代名詞だと言われています。多彩な役割をし、種類も多い関係代名詞は、何度も繰り返し練習をしなければ、2つの文をつないで長文を自在に作れるようにはなりません。中学文法はマスターしていると思っている方も、ぜひ基本3の「関係代名詞」を何度もトライしてみてください。長文読解をするために、どうしても避けては通れない文法です。

4ノートには、文法用語ではなく、英文を書こう。

ノートを使って学びの「見える化」をすることは大切ですが、「現在完了形ってどんなもの?」「関係代名詞って何?」という説明を日本語で書いても、英語を学ぶためにはあまり意味がありません。カラオケEnglishを学習するノートに書くのは、「英語だけ」にしましょう。各UNITの例文を書き起こしたり、いろんな動詞の活用形を書くなど、英語を手に覚えさせることを意識して書くようにしましょう。

5「誰が、(いつ)どうする」。いつもSVを意識しましょう。

英語と日本語が決定的に違うところは、S(主語)が必ず文の頭にくること、そして次に「いつ」のことかを明確にするV(動詞)が続くことです。中学高校でも5文型(SV、SVO、SVOCなど)を習いますが、「声を出して話す」という段階になると一番大事なSVを忘れがちです。「誰が、(いつ)どうする」という基本のSVをいつも意識して声を出すようにしましょう。

6ステップ2と4で、英文を「書く」練習をしましょう。

UNITの学び方は、基本は声を出すことですが、何回か学んだら、2つの「書く」練習もしましょう。

「ディクテーション」
ステップ2=真似する(グリーンボタン)で「ディクテーション」をしてみましょう。カラオケ字幕をOFFにして、お手本の音声を聞き、ノートに英文を書き起こしてみてください。

「英作文」
ステップ4=英訳する(グレーボタン)では、日本語の声を聞いてノートに英訳を書き、書いた文を読み上げる形で録音してみましょう。

これらの方法は、単語の綴りや文法が正しいかをすぐに確認できて、4技能の中の「書く」力をつけることができます。

7ステップ2で「シャドーイング」をしてみましょう。

ステップ2=真似する(グリーンボタン)では、お手本の真似をして声を出します。何回かやるなら、カラオケ字幕をOFFにして、お手本の英語に自分の声を重ねる「シャドーイング」をしてみましょう。英語を読まずに発声に集中することで、英語のリズムやイントネーションを叩き込むことができます。

8オンライン英会話にもトライしてみよう。

カラオケEnlgishはセルフラーニング教材です。最初は誰でも声を出すのが恥ずかしいので、密かにパソコンやタブレットを相手に練習を続けると思います。でも、少しずつ声を出すことに慣れてきたら、ぜひオンライン英会話にトライしてみましょう。実際に人と話をして学んだ文法が通じたら、大きな自信になります。カラオケEnglishの例文はすべて「日常生活で使う」ために作られていて、応用できる文章がたくさんあります。