声に出せば、英語は話せる

Japan e-Learning Awards 2017

日本 e-Learning
Awards 2017 受賞

カラオケEnglishとは?

“頭で理解する英語”から、
“口で使いこなす英語” に変える教材です。

カラオケEnglishは、ひとりカラオケで歌を練習するように英語を聞き、声に出すことで英語を身につけられる「オンライン英語教材」です。PC、タブレット、スマートフォン、どれかがあれば、一人で簡単に学ぶことができます。

中学文法をすべてカバー。
誰でも英文法の基礎が身につきます。

英語の基礎となるものは、文の構造や時制が学べる中学文法です。カラオケEnglishの「基本文法コース」では、中学文法の内容を345のユニットに細かく区切って学ぶため、少しずつ自分のペースで進められます。(中学校英語学習指導要領準拠)

英語の基礎を学ぶのに、年齢は関係ありません。中学生はもちろん、英語をはじめたい小学生から、一からやり直したい大人までお使いいただけます。小学生向けには、文法にやさしく触れながら、英語を親しむことができる「ジュニア入門コース(175ユニット)」があります。

英語をカラダで覚えます。
しかも毎日のわずかな時間で。

カラオケEnglishは、目、耳、口などカラダを使って英文法を覚えるアクティブ・ラーニング教材です。

一つの文型パターンを学習するのに、4〜8個の例文を使います。この例文を四つのステップで繰り返し声に出すことで徹底的にカラダに覚えさせます。(『KARAOKE Learning Method』特許出願中)」1ユニットは、およそ8分※。だから、隙間時間に英語を学ぶことができます。※ 学習時間には個人差があります。

楽しく学べる。達成感がある。
だから続けられる。

カラオケEnglishは、エデュケーション(教育)とエンターテイメント(楽しさ)をかけあわせた「エデュテイメント教材」です。魅力的なキャラクターで、ストーリーを楽しみながら、ユニットを一つずつクリアする感覚で進行できます。退屈に感じる文法例文を、実生活のシーンの中で、身近で楽しい会話文として学びます。

こんなあなたに、
「英語が話せる人生を。」

Aタイプ「文法」と聞くだけで、身の毛がよだつ、気分が悪くなる。

カラオケEnglishは「まず声に出す」、その後で「文法の解説を聞く」教材です。

文型例文を声に出した後に、文法解説を読むだけでなく、音声で聞きます。すぐに理解できなくても、何度でも聞きなおせる仕組みです。

Bタイプ外国人に話しかけられると、逃げ出したくなる。

カラオケEnglishは“声を出すこと” で、英語をアウトプットするトレーニング教材です。やることは「伝える練習」。

ひとりカラオケのように「聞いて声に出す」を繰り返すうちに、口の周りに、英語を話す筋肉がつき、声を出す勇気が育ちます。相手に伝わるようになると、うれしくてもっとやる気がでます。

Cタイプ活字を読んでいると、いつも睡魔に襲われる。

カラオケEnglishは、教科書もノートも使いません。

耳で聞き、声に出して録音し、ネイティブの発音と聞き比べ、さらに翻訳をするというアクティブな教材です。目と耳と口と脳をフルに使うので、眠くなる暇はありません。

Dタイプダイエットも、英語も、3日と続かない。

カラオケEnglishは、手応えがすぐわかる。

カラオケEnglishは、発音ができているか、翻訳して話せるかなど、学習の手応えを確かめる機会が満載です。約8分※で1ユニットが終わるので、積み上がっていく手応えを感じやい教材です。※ 学習時間には個人差があります。

Eタイプ子どもに英語を学ばせたいが、飽きっぽいので心配だ。

子どもは親の真似をして日本語を話せるようになります。

カラオケEnglishも同じです。何度も繰り返し真似をして声を出し、失敗しながら覚えていきます。決め手は楽しいキャラクターや、ゲームをクリアする感覚で学べる仕組み。入門コースは、小学生低学年から始める教材として最適です。

Fタイプ中学一年で早くも英語が苦手と言う我が子を、なんとかしたい。

中学一年のカリキュラムは、学ぶ量が多く、実はついていくだけで大変です。

カラオケEnglishなら、つまずいた所から、一人で学び直せるセルフラーニング教材です。その文法が理解できたかどうかは、ユニット最後のステップ「翻訳(Translate)」で確認ができ、自分のペースで自信をつけていくことができます。

開発者の行正さんに聞いた。
カラオケEnglish 五つのヒミツ。

毎日続けられるヒミツは何ですか?

1 一つのユニットで学ぶことを一つの文型に絞り、8分でできる分割方式に。イラストで楽しく学べるようにしました。

(行正) 自分の子供たちを観察していたら、7〜8分で飽きることを発見しました。そこで一つのユニットにかかる時間を、7〜8分にしました。また短い時間でいろんなことを伝えると混乱するので、一つのユニットで教えるのは、一つの文型だけに絞りました。さらに英語を、日本語を介して理解するのではなく、紙芝居のようにイラストで理解してもらうようにしました。学びのハードルを下げたのが、毎日続けられる理由です。

英語における対人恐怖を乗り越えられるヒミツは何ですか?

2 一人壁打ち方式にしたことです。話す相手は画面。だから緊張しません。

(行正) 英語に自信がない間は、相手がいるだけで覚えたフレーズも出てきません。発音も、人に聞かれていると思うと、口の動きが小さくなりがち。カラオケEnglishは、画面が先生です。誰もいない所で、口の形を意識して、何回もやり直すうちに、英語を話す筋肉と、度胸がついてきます。また発音や翻訳に点数や合否を出さない、ダメ出し封印設計にしたのは、自分の発音が良くなったか、翻訳ができたかどうかは、やっている本人が一番わかるからです。自分で気がつき、自分でやり直すというのが、学びの理想プロセスだと思います。

自然と文法が入ってくるヒミツは何ですか?

3 まず、難しい文法説明は後回しにして、声を出すこと。

(行正) カラオケEnglishは、子供が言葉を学んだり、大人がお経を学んだりする方式を真似しています。意味がわからなくても声に出す。その後で、意味を説明して理解を促す。先に声に出してから、その後に文法説明を聞いたほうが、「へー、なるほどー」という気分になります。気をつけるのはそういうことかと。何かを発見するような気分で文法を吸収できます。また、娘たちから「むずかしい話は1分以上聞きたくない」と言われたので、解説コーナーを二つに分け、一回の説明を短くしました。子供にやさしく言い聞かせるように、愛をこめてナレーションをふき込んでおります。(笑)

読み書きしないのに4技能が鍛えられるヒミツって何ですか?

4 目を中心に、いろんな感覚を同時に使うことで、4技能を鍛えていきます。

(行正) 人間は、舌で感じた味や、目で読んだ内容より、目で見たものを情報処理して理解する能力の方が高いと言われていいます。(クロスモダリティ効果とも呼ばれています。)
カラオケEnglishは、520ユニット、2万個以上ある文法例文を、すべてイラスト化しました。それはもう、大変な作業でしたが(笑)、イラスト化することで「読んで理解する英語教材」でなく「目で感じる英語教材」を作ることができました。

また、「英文を読む」という基本学習に加えて、「ネイティブの声を聞いて意味を理解する」「自分の声を何度も録音して発音を鍛える」「日本語から英語に翻訳して声に出す」という学習ができるシステムです。あとは、「翻訳した英語」をノートに書くだけで、「読む、聞く、話す、書く」の4技能を鍛えていくことができるのです。

いろんな感覚を同時に使って英語を学ぶというのは、デジタルならではの技術。大人の方も、体験されたことのない方法だと思うので、ぜひカラオケEnglishにトライして、使える英語を獲得していただきたいです。

カラオケEnglishを続けると、「ハッピー気分になる」とおっしゃるヒミツは何ですか?

5 開いたことのない、人生の扉が開くかもしれない。

(行正) カラオケEnglishは、短にTOEICやTOEFLの点数をあげたり、受験に受かるためだけの英語教材ではありません。(もちろん、英語学習の指導要領に準拠しているので、学んでいただければ点数も上がります。)英語を学ぶ目的は、実はそこではないと思います。

インターネットで世界がつながった今、英語という道具を持つことによって、日本にいても、人生が変わるチャンスがあります。英語が聞けるようになれば、海外ドラマのセリフがわかる。話せるようになれば、外国人の旅行者を助けてあげられる。家に泊めてあげたら、お小遣いが稼げるかもしれない。書けるようになれば、インコのぬいぐるみを手作りして、ネットで世界に向けて売ることができる。住んでいる世界がググっと広がるんです。英語という道具を持つ人と、持たない人では、チャンスの幅が違ってきます。また、長年学んでできなかったことが「できた!」と感じる瞬間は、それだけでハッピーなのです。

カラオケEnlgishを続けてくださっている生徒さんが、「聞き取れるようになった!」「通じた!」と喜んでくださいます。できなかったことができるようになって、もしかしたらオリンピックでボランティアなんてやってしまおうかしら?と、思えるようになる。英語を話せるようになるというのは、未来の扉が、増えていくということなんです。

私自身、英語によって、人生が変わりました。この「英語が話せる人生。」というすばらしい体験を、これからもみなさんとシェアさせていただけたら、嬉しいです。

行正り香プロフィール

1966年、福岡県生まれ。料理研究家。株式会社REKIDS社代表取締役。18歳の時はビリ学生であったため、高卒で働くために英語を身につけようとアメリカに留学。その後、ホストファミリーのすすめでサンタローザ短大に進学。カリフォルニア大学バークレー校に編入して卒業。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍。在職中から料理研究家として料理本を出版。2007年に退社し、子ども向け学びサイト「なるほど!エージェント」を開設。2015年に料理アプリ「今夜の献立、どうしよう?」提供開始。料理本の著書は50冊以上、累計売り上げ80万部以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド、「Dining with the Chef」のホストを務め、世界に向けて英語で日本料理をプロモート。デンマーク家具にも造詣が深く、2017年に、日本・デンマーク国交樹立150周年親善大使に任命される。主な著書に『だれか来る日のメニュー』(文化出版局)、『19時から作るごはん』(講談社)、『今夜は家呑み』(朝日新聞出版)『行正り香のインテリア』ほか多数。

活動実績

2017年

10月

第14回 日本 e-learning アワード 受賞

カラオケEnglish は、「第14回 日本e-learning大賞」で「アクティブ・ラーニング特別部門賞」を受賞しました。

「日本e-Learning大賞」とは、企業・学校・自治体などにおける、eラーニングを活用した優れたコンテンツ、サービス、ソリューションを表彰しているものです。最優秀賞である「日本e-Learning大賞」のほか、経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の4つの大臣賞、EdTech部門賞、AI、人工知能特別部門賞、アクティブラーニング特別部門賞などが付与されています。

eラーニングアワードフォーラム公式サイト

4月~

行正り香 英語教室 で 教材活用 開始

カラオケEnglishの教材は、REKIDS社代表・行正り香が主催する英語教室で活用されています。

Instagram 上で連載中の行正り香のエッセイ「ビリでもできる英語学習」がフォロワーの反響を呼び、2017年4月に教室開設。

授業は月に1回、全3回コース。カラオケEnglishの例文を繰り返し声に出して、行正り香、後藤エリカ先生をはじめ、複数の先生から発音とイントネーションを徹底的に習います。自宅では、教材を活用して自分のペースで学び、グループごとにSNSで励ましあいながら、学びを継続していく仕組みです。

行正り香「ビリでもできる英語学習」

生徒さんの声

習ったけれども、すっかり忘れていた文法を、少しずつ総復習できているという実感があります。ポイント説明がとてもわかりやすく、例文や言い回しが日常的に頻度の高いフレーズだとも思います。

A・Yさん

例文が楽しく、イラストを見ながら、笑ってしまうことが。発音も気をつけながら録音していたら、舌と口周りの筋肉がプルプルしてきます。8分でもぐったりです。ステップ4ができれば、会話が出来るようになると確信しながら頑張っています。

S・Hさん

やり直し英語のような教材は、他にも使ったことはあります。でも聞くだけではなく、声を出さなくてはいけない、録音して、先生と比べるというところが画期的です!

K・Wさん

中学文法はわかってるつもりでした。でもやり出したら、わかってない事ばかりだったことを発見!こんな風に、パターンを繰り返すことが大切だと、中学のときに知りたかったです。

T・Mさん

中1息子と小学5年の娘にタブレットでさせています。飽きずにできる仕組みが良いみたい。鼻くそほじるとか、そんな英語ばかり覚えます。(笑)

I・Nさん

カラオケEnglish続けています。続けられていることが奇跡です!
旅行に行ったところ、パードンとか、エクスキューズミーと聞き返されなかったことも、奇跡です!

R・Tさん

私が発声練習を始めると、子供が寄ってきて、パソコンを触り始めます。母が勉強する姿を見て子供も何かを感じてくれたらとも思っております。

A・Tさん

TOEICのテストを受けてみたら、リスニングがぐーんと50点以上伸びていました。り香先生が、リスニングが伸びたら、トーキングも伸びるとおっしゃっていたので、期待しています。

M・Mさん

1UNITの長さがあっけなさすぎず、長すぎず、気軽にできるけど、ちょっと頑張る、という素晴らしいバランスだと思います。

E・Kさん

今までも、声に出す練習はしていたつもりですが、「自分で自分の声を聞く」ことが一番大切だったのですね。はじめて自分の発音を意識しました。

O・Tさん

義務教育を含め英語を勉強してきた数十年で一番、成果を感じています。ショートステイで留学したりもしたけど、結局は段階を踏んで学んだ方が、学ぶスピードがあがることがわかりました。

S・Sさん

1学年に100以上。UNIT数の多さに目がまわります。でも、それぞれがのUNIT目的がはっきりしているので、継続する気がわいてきます。夜はバタンキューな時もありますが。始めるとやっぱり楽しいと思えています‼︎

T・Yさん

大人のやり直し英語的な教材を幾つか試してみた事はありますが、聞いていただけでは、だめだったんですね。録音もあるので、居眠りできません。きちんと向き合って勉強しないとダメだということを再確認しました。

N・Nさん

少しずつ難しくなっているので、どこが自分にとっての壁なのか確認できるのがとてもいいです。ゆっくりですが、英語の勉強でこんなに続いているのは初めてです。

M・Aさん

ボース&ミソッパが、私のお気に入りキャラクターです。彼らが出てくるとテンションが上がります!ボースのモデルはり香さんですか?お料理上手なので、そうかな、と思いました。

I・Oさん

2年生と4年生の子供にやらせてしまう。最近は好きなキャラクターもはっきりしてきて、オレンジとリリーが人気です。オレンジとリリーが出てくるところばかり繰り返すので、先に進みません。

E・Tさん

英語をふたたび学ぶチャンスを与えてくださり、感謝しています!カラオケイングリッシュがやりたくて、家事もさっさとやっています。子供が寝たとき、掃除機をかけたあとと、決めてがんばっています。

K・Tさん

以前は英語を聞きとらなければという、プレッシャーばかりでした。今は、相手の言葉を集中して聞いてみようという気持ちが生まれてきました。自分にとっては進化です。

T・Kさん

英語を勉強しながら、こんなに笑っている自分に驚いています。息子から、へんな親と思われています。

Y・Rさん

募集要項

定員:13クラス 390名(1クラス=30名)
※現在、すべてのクラスは満席です。
募集のお知らせは、行正り香 Instagram でのみ行っています。
次回のクラス参加ご希望の方は、行正り香 Instagram で募集があった際にご連絡ください。

Instagram 行正り香 (@rikayukimasa)

コース/料金

基本文法コース

料金:
1ユーザー = 月額500円(税別)
対象年齢:
中学生〜大人
カリキュラム:
ESLで活用されているパターンプラクティスを取り入れた中学文法。
教材レベル:
中学英語 学習指導要領準拠
英検3級、TOEIC 380点、TOEFL PBT 400点、iBT 30点 程度
収録教材:
345 ユニット(中1=113、中2=116、中3=116)

ジュニア入門コース

料金:
1ユーザー = 月額500円(税別)
対象年齢:
小学1年〜6年
カリキュラム:
be動詞、一般動詞が中心。簡単な言葉で文法に親しむ。
教材レベル:
小学校外国語 学習指導要領程度
英検5級、TOEIC 220点以下 程度
収録教材:
175 ユニット(入門1=82、入門2=93)

無料お試し期間

通常 7日間

利用環境

お客様の環境がサポート対象か、予めご確認ください。

Windows 10
  • Google Chrome 最新版
  • Firefox 最新版
  • Microsoft Edge 最新版
Mac OS 10.11〜
  • Google Chrome 最新版
  • Firefox 最新版
Android 4.1〜
  • Google Chrome 最新版
iOS

アプリをご利用ください。 App Store からダウンロード

※ スピーカーとマイクが内蔵されていない場合はご用意ください。